フレーバーコーヒーとは

フレーバーコーヒーと言うのは、コーヒーの焙煎時に香りを付けたり、抽出した後に香りをつけた物の事を言います。

バニラやナッツ、チョコレートや果物の香りが多く好まれ、基本的に甘みは無いコーヒーの事を言います。ルーツは北欧を中心としたヨーロッパだと言われ、コーヒーにシナモンやリキュールを加えた物で有ったと言われています。現在のフレーバーコーヒーは1980年代に、コーヒー豆の焙煎中に香りを付ける技術が開発された事から、流行が始まったと言われています。

有名な物はアメリカのコーヒーメーカーである、ライオンコーヒーのバニラマカダミアや、チョコレートの老舗GODIVAのチョコレートトリュフなどが有ります。フレーバーコーヒーの淹れ方は、普通のレギュラーコーヒーと同じです。コーヒー豆を購入して、ドリップしたりコーヒーメーカーを使ったりして抽出します。ダイエット中であれば、砂糖を入れずに甘い香りを楽しみながら、ブラックで飲むのがおすすめです。

そうでなければ、砂糖やミルクを加えたりしても美味しいでしょう。また普通のコーヒーを自分でアレンジして、フレーバーコーヒーとして楽しむ人も多いようです。コーヒーにアーモンドペーストやピーナッツクリーム、ココアなどを投入して、オリジナルの味を追求しているようです。使うコーヒーはレギュラーコーヒーでも、インスタントでも構わない様です。初めての挑戦だったら、こちらの方がお手軽かもしれません。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *