コーヒーカプセルの特徴

カプセルコーヒー方式で本格的なコーヒーを味わう場合、当然ながら、消耗品としてコーヒーカプセルが必要になります。

コーヒーカプセルは、コーヒー豆を購入しドリッパーで淹れるのに対して割高だとされるのですが、一杯あたりの単価は、メーカーにもよりますが60円から80円程度であり、缶コーヒーに比べれば多少割安です。しかも、香りも味も本格的ですから、充分に納得できる金額です。レギュラーコーヒーの中では、最も簡単で手間の掛からない方式である点も見逃せません。

コーヒーカプセル独自の長所としては、一杯分づつコーヒー豆粉末がカプセルに密封されていて、酸化による味の劣化も香りの喪失もない点が挙げられます。また、多種類のコーヒー銘柄がセットになって売られるバラエティ・パッケージもあり、様々な味と香りを楽しむこともできます。コーヒーメーカーの洗浄も湯通しをする程度のことですし、コーヒー豆カスの廃棄もカプセルごと捨てるだけですから簡単です。

手間要らずで、技能も必要なく、味も香りも最高レベルであり、自動的にコーヒーを淹れるシステムとしては、行き着いた究極の形だと言えそうです。コーヒーカプセルは、コスト的に確かに高そうに感じられますが、様々な長所を考え合わせた場合、比較的リーズナブルだと言えるのではないでしょうか。何を長所と捉えるかは人によって様々ですので、一概にこうだと言えないものの、この方式の長所が世間に知られるに連れ、これに共感し、少しづつ広がって行くものと思われます。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *