コーヒーグラスについて

コーヒーを楽しむ人なら、コーヒーグラスにもこだわりたいですよね。

コーヒーグラスの形や色によって、いつも楽しんでいるコーヒーとは違う味になるでしょう。日によって人の気分は変わるものです。それと同じくコーヒーグラスを気分によって変えることで、また違った楽しみを味わうことができます。よく使われる素材は陶器や磁気、ガラスです。その他にステンレス、ホーロー、アイスコーヒー専用の銅製のものがあります。陶器の表面には保温効果のある凸凹がありますので、コーヒーの温かさをにがしません。

透明感のあるガラスはコーヒーの味にもっとも影響を与えない素材ですので、ヨーロッパで好まれている素材です。口をつけた時の口当たりやグラスの感覚で、コーヒーの印象は大きく変わります。コーヒーに最適な温度は70℃前後ですが、熱いコーヒーが好きな方もいれば、ぬるめのコーヒーを好む人もいます。

カップが厚ければ高い温度を保ち、薄いカップなら温度が早く下がりますので、時間を待たずに好みのものを飲むことができます。バランスのいいコーヒーを淹れるためにも、口径、高さ、容量、厚みなどバランスのいいコーヒーグラスを選ぶことが大切です。神経が高ぶっている時には、青色のものを選びましょう。神経を落ち着かせ自己管理しやすくなりますので冷静になれます。その日の気分によってコーヒーグラスを変えると、テンションがあがって体調もよくなるのでおすすめです。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *